カードローンのキャッシング審査で嘘をついたどうなる?

MENU

カードローンのキャッシング審査で嘘をついたらバレる?

 

どんなカードローンでも他人に融資を行うワケですから、その申込者が本当にきちんと返済をしてくれるかどうかを審査する必要があります。

 

キャッシングカードを発行したのにも関わらず、その後借入したお金を返済してくれなければ、債権者が損をすることになるのですからお金を借りるための審査が行われるのは当然のことです。

 

この審査でどうしても通過したく、申込者の中には過去の金融事故を隠したり、現在の他社借入額を偽ったりするケースがあるようです。

 

では、消費者金融や銀行系カードローンへ申込みをする際に、審査をパスするために嘘をつくとバレてしまうのでしょうか?

 

まず過去の金融事故情報や現在の借入状況については、全て個人信用情報機関のデータベースに記録されているため、簡単にバレてしまいます。

 

他にもカードローン会社で共有している信用情報のデータベースも存在していることから、例えば一日でも返済遅延をしてしまうと、その情報が記録され審査における大きなマイナスポイントとなります。

 

ちなみに何度も返済遅延をしていたり債務整理をしていると、金融事故(いわゆるブラック)として記録されるため、審査通過はほぼ不可能になります。

 

次に年収額や勤続年数、勤務年数などのウソについてですが、こちらは個人信用情報機関では確認出来ないため、申込者の自己申請により判断することになります。

 

それでも場合によっては収入証明書の提示を求められることなら、それら書類を確認することであらゆるウソもバレてしまうことになります。

 

働いてもいない勤務先を提示したとしても、審査の後半で在籍確認電話と呼ばれる審査が行われ、申込書に書かれている勤務先へカードローン会社の担当者が電話をして、本当に働いているのかを確認するため、すぐにバレます。

 

中にはアリバイ会社に依頼し勤務先の偽装をする人もいらっしゃるようですが、そのような会社の利用は犯罪行為で罰せられることもあります。