アルバイトでもキャッシングするための方法をまとめてみた。

MENU

アルバイトでもキャッシング!どうすれば借りれる?

 

最近では会社や企業に正規雇用関係を結ばず、アルバイト雇用で収入を得ているフリーターの数が急増しています。

 

その背景には、自分の自由な時間を確保したい、他に夢があってその繋ぎとして、これといった仕事が見つからないなど、様々な理由があります。

 

確かに時給で働くアルバイトというのは、働けば働くほど給料に反映しますので、時に正社員よりも稼げることがあります。

 

しかし病気や怪我などで仕事を休んでしまうと、その分給料が減ってしまうため、場合によって生活費や交遊費などの捻出が出来なくなってしまうこともあります。

 

そんな時に利用したいと考えるのが消費者金融や銀行のカードローンなのですが、アルバイトやフリーターでも融資を受けることが出来るのでしょうか?

 

 

満20歳以上でしたらアルバイトでもお金を借りられます!

 

銀行系カードローンの場合、フリーターでは社会的な信用が低いため、融資対象にしていないところも多いですが、大手消費者金融でしたらアルバイトをして安定収入があればお金を借りれるのです。

 

学生でもアルバイトをしていればキャッシングカードを発行してもらえますし、主婦のパートタイマーでも問題ありません。

 

ただし満20歳以上という年齢条件がありますので、同じ学生アルバイトでも借りれる人と借りられない人がいるのでご注意ください。

 

また日雇いの倉庫アルバイトやイベントスタッフなどですと、安定収入と認められないことが多く、キャッシングを断られてしまうケースもあるので注意が必要です。

 

コンビニやレストラン、ガソリンスタンドなどといったシフトが組まれている一般的なアルバイトでしたら審査通過の可能性が十分にあります。

 

カードローンへ申し込みをすると、審査の後半で在籍確認電話が行われ、アルバイト先に電話がかかってきます。

 

この時、同じアルバイトや店長などにキャッシングに申し込みしたを知られたくないという方も多いかと思いますが、在籍確認電話というのは個人名で電話をするだけでアルバイト先の人にバレることはありませんのでご安心ください。