カードローンの借り換えをする時に注意する点は?

MENU

カードローンの借り換えをする時に注意するべきこととは?

 

昔も今も多重債務に苦しむ方は沢山いらっしゃいます。
カードローンは気軽に利用できる反面、借金癖がつきやすく複数社から借金する可能性もある危険性もあります。

 

借金を借金で返済してしまうようになると、そこから抜け出すことは中々出来ず、自力で返済してくのにも限界があります。

 

債務整理で借金を整理する手立てもありますが、出来ればきちんと返済したいと思う方は多いのではないでしょうか?
そんな方に用意された救済措置が「借り換え」や「おまとめローン」です。

 

複数債務を1つにまとめることにより返済負担を軽減させることが出来ます。
また返済先が1つになるので管理も楽になるというメリットもあります。

 

利用者にとって非常に大きなメリットをもたらしてくれるカードローンの借り換え。
ですが注意しなければいけないこともあります。
下手すれば借り換えする前よりも負担が大きくなることだってあるのです。
そこで今回はカードローンを借り替えする時に気をつけるべき点について解説していきたいと思います。

 

 

低金利のカードローンに借り換えるのが基本

 

カードローンの借り換えで減額できるのは利息部分のみです。
他社借入の元金まで減らすことは出来ませんので、この点はよく理解しておきましょう。

 

利息負担を減らすにはどうすれば良いのか、それは既存のローンよりも低金利のローンに借り換えることです。
今よりも金利の高いローンに借り換えてしまっては逆に返済負担が大きくなってしまいます。
借り換えに申込みする際は金利がいくらになるのか必ず確認しましょう。

 

 

返済期間の設定に注意

 

借り換えすることで軽減できるのは返済総額だけではありません。
返済期間を今よりも長く設定すれば毎月の返済額を抑えることも可能です。

 

例えば1ヶ月の返済額が5万円が3万円に変われば大分負担は軽くなったといえますよね。
借り換えをすれば、月々の返済金額を軽減させることだって出来るのです。

 

但し注意しなければいけないことがあります。
それは利息の支払総額が借り換え前よりも多くなることです。
返済期間を長く設定すればその分利息も余計に支払わなければいけません。

 

返済期間を長く設定すれば毎月の返済額は減らせますがトータルで支払う金額が多くなります。
借り換えの目的が毎月の返済額の軽減であれば特に問題ありません。
しかし返済総額を減らしたいというのであれば返済期間の設定には十分注意してください。

 

 

借り換えやおまとめローンは総量規制に注意

 

消費者金融で借り換えする際に注意しなければいけないのが総量規制です。

 

消費者金融からの借入は年収の3分の1までとなり、これを超える借入は認められていません。
他社借入額によっては既に総量規制の上限を超えている場合もありますので、消費者金融では借り換えできません。

 

但し例外措置としておまとめローンが用意されています。
おまとめローンを扱っている消費者金融は少ないですが、この方法なら総量規制の上限を超えていても消費者金融で借り換えが可能となります。

 

 

おまとめローンや借換え後は追加で借りれない

 

おまとめローンは消費者金融で扱っている融資商品ですが、金利は通常のカードローンよりも低めです。
ですから一本化することで返済負担を軽減させることが可能です。

 

但し注意点としては返済専用という事です。
返済途中で借り入れしたいと思っても追加の借入は一切出来ず、ひたすら返済となりますので。

 

 

銀行の借り換えやおまとめローンは審査が厳しめ

 

銀行カードローンならおまとめローンのように返済専用ではありませんから追加の借入も可能です。
金利も消費者金融よりも低いですから、返済負担を軽減させることが出来ます。

 

銀行カードローンで借り換えする際の注意点としては審査が厳しくなるところでしょう。
ただでさえ銀行の審査は厳し目なのに、借入額が大きいですからより厳しくなるとは間違いありません。